オールインワンジェルを購入前に確認すべき危険な添加物とは!?

 

化粧水から化粧下地までのステップがこれひとつで出来てしまうオールインワンジェル。
忙しい時の頼もしいアイテムです。

 

だからついつい頼りがち。けれど、その内容成分についてしっかり理解していますか?
いろいろな機能をひとつに頼り切っている、だからこそ、その成分についてもしっかり把握しておく必要があります。
これを機会にもう一度オールインワンジェルに含まれる添加物について再確認しませんか。

 

 

【オールインワンジェル】購入前に確認すべき添加物

 

オールインワンジェルを含む化粧品に使用されている添加物は約3000種類以上もあるといわれています。
日本国内で食品や化粧品など、直接身体に影響を及ぼすものについてはしっかりとした規制があって、すぐに害を及ぼすようなものは使用されていません。

 

神経質になる必要はないとはいうものの、長期で使用し続けることで受ける影響についてはしっかりとは把握されていないのも事実です。
添加物すべてが当てはまるわけではないですが、やはりできることなら使用は控えておきたい物質です。

添加物の種類

オールインワンジェルに含まれる主な添加物です。

防腐剤

オールインワンジェルに含まれる栄養成分や油分は空気に触れたりしばらく放置しておけば、すくに雑菌が繁殖してしまいます。
それを防ぐ役割の防腐剤も敏感肌には刺激になる成分のひとつです。
ただし、防腐剤不使用の使用期限が過ぎた雑菌だらけのオールインワンジェルを使用することに比べたら、お肌には負担が少なくて済むことも事実です。

バラペン

刺激性が少ないためにいろいろなバラペンが開発されています。
抗菌性に優れ、広範囲の微生物に効果があります。

フェノキシエタノール

玉露や緑茶にも含まれる天然成分。
殺菌作用があることから化粧水などにも使用されています。

界面活性剤

水と油を馴染ませることでの洗浄効果や美容成分の浸透効果などの働きで、いろいろな化粧品や食品、洗剤など幅広く使用されています。
その洗浄力の強いものは石油を原料とする合成界面活性剤。
たんぱく質を溶かす作用があるために頻繁な使用が肌へ与える影響が問題となっています

コカミド

主にシャンプーや洗顔料などに使用。
発がん性があると指摘されています。

水酸化レシチン

オールインワンジェルにも配合。
主にコンデショニングや乳化剤として使用されています。

香料

石油を原料として作られた合成香料はその原料である石油が肌に与える影響が問題視される添加物のひとつです。

アニスアルデヒド
 

オールインワンジェルや食品の合成香料として使用されていますが、「胎児へ与える影響」が懸念されています。

フェネチルアルコール 

オールインワンジェルにも使用されていますが、肌や目に与える刺激が問題となっています。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ効果は高いけれど、肌への負担も大きいといわれています。
紫外線を取り込んで化学反応を起こすことで紫外線を防ぐというもの。
化学反応を起こした時の熱や化学反応自体、そして化学反応で変化した物質が肌に与える影響が懸念されています。

オキシベンソン
 

A派、B派に効果を発揮する吸収剤として使用される代表的なもの。
皮膚炎やアレルギー症状の原因になると指摘されています。

 

【オールインワンジェル】添加物はなぜ危険なの?添加物が与える影響は?

 

添加物はオールインワンジェルに限らず、化粧品、食品や医薬品、飲料水など身近に使用するさまざまなものに使用されています。
その添加物が身体に与える影響について、とくに化粧品や頭皮のカラーリングに使用される化学物質が与える弊害が、ネット上でも取り上げられ問題視されました。

経皮毒

添加物に含まれる毒性が皮膚を通して体内に浸透することをいいます。
その毒性は体内に蓄積され、発がん性や内臓に与える影響、そして子宮や脳にも影響し、胎児の免疫力の低下やアレルギー症状の発症の原因につながる可能性もあるといわれています。
その信憑性について疑問視する声も上がっていますが、その可能性が全くないとは言い切れないのも事実です。

 

化粧品もこれから先ずっと使い続けなければならないもののひとつ。
できればその内容成分にもこだわって、安全性が疑問視されるものはできるだけ使用しないようにするのに越したことはないですよね。

 

★オールインワンジェル★添加物の有無や美容効果も分かる成分表示の見方

オールインワンジェルも内容成分の表示は義務付けられています。
その方法にもルールがあります

 

配合量の多いものから順に並んでいます。

つまり最初に表記されたものが主成分であるということ。

 

化粧品は医薬部外品に属し、その成分表示は同じものでも表示名が違う場合があります。

例えば「クエン酸ナトリウム」と「クエン酸Na」は同じもの。
いろいろな種類のある「バラベン」も細かく分類して表示するのもただ単に「バラベン」と表示するのも各メーカーに任されています。

 

表示は解りやすい場所

オールインワンジェルを含む化粧品の場合、ほとんどが商品の裏に記載されていますが、HPでも記載されています。
やはり、購入前のHPでのいろいろな情報の確認はしておきたいですね。

 

おすすめの無添加オールインワンジェルを厳選紹介!

 

メディプラスゲル

モンドセレクション3年連続受賞の実力派。
66種の美容成分配合。
化粧水、乳液、クリームの4役をこなすオールインワンジェル。

 

敏感肌でも安心使用。
潤い成分がハリと弾力のある肌へと導きます。
防腐剤・着色料・合成界面活性剤・鉱物油・アルコール・合成乳化剤不使用。


モイストゲルプラス

美容皮膚科医監修の機能性オールインワンゲル。
化粧水、乳液、美容液、クリーム、マッサージクリーム、パック、化粧下地の7役。

 

天然ナノセラミド、19種のアミノ酸、スクワラン、3種のヒアルロン酸配合で乾燥の悪循環を断つ「エイジング保湿」。
合成香料・着色料・鉱物油・合成界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤不使用。


キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

2015年ベストビューティーアワード、2016年モンドセレクション受賞。
研究員がこだわった機能性オールインワンジュレ。

 

グロスファクターを含む馬プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、植物セラミドを贅沢に配合。
合成界面活性剤・パラベン・着色料・ポリマー・アルコール・香料・鉱物油不使用。


まとめ

 

オールインワンジェルに限らず、含まれる添加物の与える健康被害は頭の片隅に置いておくべき購入条件のひとつ。
神経質になり過ぎる必要もないけれど、無防備に乱使用するのも避けたいところです。
無責任な情報に惑わされず、賢い選択を心がける。難しい課題です(苦笑)。

関連ページ

美白したいならこの成分が入っているオールインワンジェルを選べ!
美白対策に効果のある成分、オールインワンジェルの選び方、美白効果をアップさせる方法を紹介します!
【危険?】化粧下地効果のあるオールインワンジェルを寝る前に使用
化粧下地効果のあるオールインワンジェルを夜寝る前に使用するのは危険行為なのでしょうか?又、おすすめの化粧下地効果のあるオールインワンジェルも厳選紹介します。
意外と知られていないオールインワンジェルの常識外の使い方
オールインワンジェルというと一般的には顔のスキンケア用のイメージが強いですが、実は顔以外にもいろいろと使えるんです♪この記事では、おススメの使い方や注意点などを詳しくご説明します。
オールインワンジェルでくすみ解消!おすすめ有効成分厳選紹介!
全てのアプローチを兼ね備えたオールインワンジェルで【くすみ】にどこまでの効果が期待できるのか?!選ぶべき成分は?くすみの改善法やオールインワンジェルの選び方、実際に効果を実感するまでの期間についても解説いたします。
乾燥肌に最適なオールインワンジェルの正しい使い方&選び方
乾燥肌さん必見!乾燥肌に最適なオールインワンジェルの使い方から乾燥肌のためのオールインワンジェルの正しい選び方まで解説します。
【オールインワンジェル】シミ対策におすすめの有効成分&選び方!
有効成分をしっかりチェックして商品を選ぶことで、オールインワンジェルでもシミを解消することができるって知っていましたか?シミに効果のある有効成分と、おすすめのシミ対策オールインワンジェルをご紹介します。
オールインワンジェルで毛穴の黒ずみを撃退!おすすめの成分&使い方
オールインワンジェルで毛穴の黒ずみも改善できるのです。どんな成分が入っているものを選んだらいいのか?上手な使い方などについて解説します。
たるみ毛穴を解消するオールインワンジェルの成分・選び方・おすすめ商品!
たるみ毛穴を解消するオールインワンジェルの正しい選び方、成分、おすすめ商品について解説します。
オールインワンジェルでそばかすを徹底解消!有効成分&正しい選び方!
オールインワンジェルは、そばかすにも効果があるのでしょうか?そばかすにおすすめの有効成分、オールインワンジェルの選び方、そばかす対策など詳しく解説していきます!
オールインワンジェルでニキビ跡を解消!おすすめ成分はコレ!
オールインワンジェルって時短ができて便利な一方、「ニキビ跡」の解消には効果があるのかちょっと心配になりますよね。結論から言えば「オールインワンジェルでニキビ跡の解消は可能」です!そのためには、中身の「成分」をよくチェックして選ぶことが大切。オススメの成分をご紹介いたします!
※衝撃!オールインワンジェルのデメリットまとめ!これでも買う?
一見良いことばかりに見えるオールインワンジェルにもデメリットがあります。この記事では、便利なオールインワンジェルの意外と知られていないデメリットについて解説します。
敏感肌でも使えるオールインワンジェルの特徴・選び方&おすすめ商品!
敏感肌でも使えるオールインワンジェルの魅力に触れながら、選び方や使用上の注意点、おすすめの商品なども見ていきましょう。
【30代女性】オールインワンジェルの選び方、おすすめ成分、使い方
30代女性のためのオールインワンジェルの正しい選び方、おすすめ成分、効果的な使い方をご紹介します。
オールインワンジェルで背中ニキビを解消!おすすめ成分&商品は?
複数の成分と機能を持つ「オールインワンジェル」は、背中ニキビのケアにも最適ですが、その商品選びにはいくつかポイントがあります。背中ニキビの改善にはどんな成分が入ったオールインワンジェルが良いのか? そのポイントについてまとめてみました!
韓国のオールインワンジェルが人気の理由は何?安全性は大丈夫?
プチプラなのに高い美容効果で人気の韓国産オールインワンジェル。この記事では、韓国のオールインワンジェルの人気の理由や安全性などについて解説します。
【オールインワンジェル】40代女性にはどんな成分がおすすめ?
40代女性の揺らぎがちなお肌を健やかな美肌に整えるため、必要な成分とオススメのオールインワンジェルの商品情報や選び方などをたっぷりとお届けしていきます。
馬油配合オールインワンジェルの効果&おすすめ商品を厳選紹介!
馬油入りオールインワンジェルがもたらす嬉しい肌効果と副作用、商品選びのポイントについてまとめました。また馬油配合オールインワンジェルのおすすめ商品も厳選して紹介します。
保湿効果の高いオールインワンジェルの特徴やおすすめ成分&商品!
乾燥による肌トラブルを解消するための、保湿効果が高いオールインワンジェルをご紹介!具体的な商品や使い方、注目したい保湿成分など、情報満載でお届けしていきます♪
オールインワンジェルで頑固なくまは解消できる?おすすめの成分は?
女性の大敵の「くま」を時短スキンケアアイテムのオールインワンジェルで解消しましょう!おすすめの成分、商品もご紹介します。
卵殻膜オールインワンジェルの効果&おすすめ厳選4商品を紹介!
卵殻膜オールインワンジェルについて効果や副作用だけでなく、体内から取り入れるサプリとの違いを徹底検証。さらに実際に体験したレビューを元に、しっとり~サラサラまでいろいろなタイプの卵殻膜オールインワンジェルを厳選4商品紹介してきます。
オールインワンジェルはどんな人に向いてる?効果別おすすめ商品!
オールインワンジェルはどんな人に向いているのか?どんな効果が期待できるのか?また肌悩み別の人気オールインワンジェルを厳選して紹介します。
オールインワンジェルで気になる肝斑は解消できる?効果的な成分は?
人気スキンケアアイテムのオールインワンジェルで肝斑を消すことはできるのでしょうか?!
いちご鼻はオールインワンジェルで改善できる?おすすめ商品を厳選!
いちご鼻は毛穴ケアなので、実は保湿が大きな効果を発揮するのですよ。その中でも注目されているのが「オールインワンジェル」。本当に治したいなら、この記事を読んで「いちご鼻」と一生オサラバして下さいね。
オールインワンジェルでたるみ毛穴を解消!?おすすめ市販品を厳選!
たるみ毛穴、帯状毛穴の改善解消に効果がある成分を配合したオールインワンジェルなら、お手軽かつ効果的に毛穴ケアを実現することもできるのです。では、どんなオールインワンジェルがたるみ毛穴に有効なのか、ご紹介しましょう。
男性用オールインワンジェル:ここを知らずに買うのはちょっと待て!
男性用オールインワンジェルは、その選び方を誤ると大変なことになります。ここではメンズオールインワンジェルの正しい選び方とおすすめ商品をご紹介します。
オールインワンジェルの副作用を知らないなんて!あなた正気?
オールインワンジェルの魅力と共に、初めて使う人がもっとも気になる「副作用」に焦点を当てて解説していきます。また副作用の少ないおすすめのオールインワンジェルも紹介します!
年齢肌にはどんなオールインワンジェルがおすすめ?プロが伝授!
自宅サロンを経営していていつも思うことは、年齢肌の人の殆どが乾燥肌だということです。オールインワンジェルは肌に負担をかけないお手入れ方法なので年齢肌におススメなのです。

このページの先頭へ戻る